Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-08-04 17:21:57 (27 ヒット)

国外宣教 委員会研修

国外宣教主事 池田いずみ

この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。 マタイ24 章14 節

 5月29日〜30日、市川にあるOMF宣教団のオフィスにおいて、国外宣教委員会の委員会研修を行いました。これは委員会にとって初めての試みでしたが、今後につながる、とても有意義な時となりました。

 この研修を行うことになったきっかけは昨年の10月に行った国外宣教委員会のビジョンミーティング。そこで今後取り組むべき課題として覚えたのが委員会・主事の働きの見直しでした。国外宣教50年を過ぎた今これまで積み重ねてきた経験を今後に活かし、その果たすべき責務、ふさわしい体制を探るため、まずは他の宣教団から学ぼうと今回の研修会を企画しました。

 会のはじめには朝岡委員長よりルカ24章から「この世界宣教の働きは、主イエスの始められた御国の業に携わらせていただく、特別な恵みである」ことが語られ、この働きに召されている感謝と責任を改めて確認しました。

 そして今回、講師としてお招きしたのは日本ウィクリフ聖書翻訳協会の土井彰・圭子師ご夫妻とOMFの菅家庄一郎師。それぞれ総主事・メンバーケア担当主事として経験された多くの事柄を分かち合ってくださいました。

 ウィクリフの土井彰師は、総主事としてご奉仕されてきた経験から、宣教師を派遣する上での専任者の必要性を語ってくださいました。ウィクリフでは〜躰膸(アドミニストレーション・チームを導いて啓発、訓練、戦略等を統括。また、派遣母体や派遣先との連絡等。)、 ▲瓮鵐弌璽吋担当主事 (霊的ケア、子女教育、帰国時の再適応等。)、2餬彙甘主事、す報担当主事の専任者が立てられていました。(理想的には事務長もいると良いとのこと。)また、宣教師の派遣前から派遣後、引退までに必要なトータルな関わり方を教えてくださいました。

 そして土井圭子師は、メンバーケア担当主事として、とても具体的に、宣教師が直面する諸問題を提示してくださいました。それらをあらかじめ宣教師本人が知っておくことの大切さとともに、派遣する側もそれを予測し、それぞれの段階にふさわしくトータルにケアをしていく大切さを教えてくださいました。

 また、OMFの菅家庄一郎師は、OMFインターナショナルの全体的な組織体系を示してくださり、その中での日本委員会、総主事の働き(メンバーケア、宣教啓発動員が中心)、危機管理に関する内容を具体的に教えてくださいました。現在は総主事チームとして、奥様の容子師が主事(総主事のサポート)、その他信徒の方が事務、会計、で関わっておられる体制。特に今回は最近改築されたOMFのオフィス(宣教理念をそのまま形にしたような)で持たせていただいたので、OMF宣教師のみなさんのパッションも見せていただけたように思います。

 今回学んだ宣教団体はいずれも国際的な、歴史のある宣教団体ですので、そのトータルできめ細やかなケアに教えられることばかりでした。特に現地での宣教師ケアに関して一教団である私たちにできることには限りがあることが示され、しかしだからこそ、これらの宣教団体と協力派遣していくことの大切さを思わされる研修会でした。

 これらのことを受けた後、私たちの課題をリストアップし、今後取り組むべき項目を確認しました。これらを具体的な計画に落とし込み、さらにふさわしい形で宣教師を送り出していけるよう、新たな体制への移行を目指します。お祈りください。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-06-02 11:24:14 (149 ヒット)

モンゴル訪問の恵み

国外宣教委員 石原 伸光(波崎キリスト教会牧師)

 4月26日から5月3日までモンゴルの矢田紫野宣教師を、妻と共に訪問する恵みにあずかりました。今回の訪問の目的は主に二つありました。一つは矢田先生が属するキリスト教国際NGOのJCS ( ジョイント・クリスチャン・サービス) の総会への参加でした。モンゴルは宣教師が宗教ビザを取得することは極めて難しいため、各宣教師は様々なプロジェクトを立ち上げ、地域の人々に貢献する働きをしつつ、福音を証ししています。JCSはそのような宣教師の受け皿となり、NGOスタッフとしてのビザを提供し、宣教師の働きをサポートしています。現在15の宣教団体がJCSに加盟し、同盟教団も加盟して矢田先生をモンゴル宣教に派遣しています。

 総会に出席して感じたことは、JCSの加盟宣教団体はみな宣教熱心であり、様々な地域貢献の働きを通して福音を伝えていること、また各プロジェクトの地域貢献の働きそのものが、福音理解に立った隣人愛と良い行いの実践であることです。またJCSが宣教師同士の良き交わりと励ましの場となっていることも覚えました。

 今回の訪問のもう一つの目的は、矢田紫野先生のモンゴルでの働きを見させていただくことでした。日曜日には矢田先生が奉仕するアムガラン聖書教会の礼拝に出席し、教会の様子を見ることができました。現在、専任牧師がいない中で、当日は近隣の協力してくださる牧師による力強い説教がなされました。午後は教会学校が行われ、矢田先生と共に教会員スタッフが熱心に子どもたちに奉仕していたことが印象的でした。

 またシャイニングスターズの学習センターの働きも見学することができました。学習センターの3人のスタッフは教会員の婦人で、矢田先生の指導のもと子供達の宿題を見てあげ、学習支援をしています。子どもたちはここに来て学習意欲を持ち、集中して勉強できるようになっています。

 また、多くの皆さんにお祈りいただいていますウヌボルト君の自宅を訪問し、ご両親ともお会いして、現状と今後の治療についてお聞きし、共に祈ることができました。ウヌボルト君は2歳の時に、眼底のがんのために左目を摘出しました。さらに今から5年前に右目にもがんができましたが、治療の結果、幸いにも治りました。しかし昨年再発し、今年1月に北京の大学病院で精密検査を受けました。この時、日本の教会から送られた献金が用いられました。今後、さらに治療が必要とされていますので、引き続きお祈りくだされば幸いです。

 矢田紫野先生はモンゴル語が流暢で、モンゴルの人々の中に溶け込み、大変良い働きをしておられることを見させていただきました。今回私達は参加できませんでしたが、教会の青年達との聖書研究会も大変祝されているとのことです。第3期に入って9カ月目となりましたが、いよいよモンゴルの地での宣教が祝されるようにお祈りください。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-26 20:44:35 (362 ヒット)

宣教の主の御名を賛美します。

  今年64日(日)はペンテコステ、日本同盟基督教団「国外宣教デー」です。毎年この日に国外宣教を覚え、お祈りと尊い献金をおささげくださり、心から感謝いたします。 

  今年は3月の教団総会において、新たに1組の宣教師(長谷部愛実師/タイ・チェンマイ日本語キリスト教会)が任命されました。国外宣教の予算もさらに多くの必要がありますので、このために特にお祈りとご協力をいただきたくお願いいたします。つきましては、以下のことをぜひ教会で取り組んでくださるよう、よろしくお願いします。

国外宣教デー用に、祈りの課題とカードは各教会宛送付いたしました。映像の配信も行いましたので、当日ご覧いただき、祈りにお用いいただければ感謝です。(こちらからダウンロードもできます。要パスワード)

日本同盟基督教団・国外宣教委員会

 


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-08 16:45:08 (284 ヒット)

タイ・チェンマイ日本語キリスト教会について

タイ 委託派遣宣教師  長谷部愛実 チェンマイ日本語キリスト教会

 チェンマイ日本語キリスト教会は、タイの古都、チェンマイにある唯一の日本語教会です。タイ山岳民族伝道に備えていた宣教師がチェンマイの日本人クリスチャンたちの必要に応えたことが礎に。その後、野尻孝篤先生、明子先生ご夫妻が教会として引き継ぎ、12年にわたって牧会。その間30名ほどが受洗に導かれ、多くの魂を日本に送り出してきました。

 チェンマイ日本語キリスト教会に集う方々の多くは、ビジネスマンの多いバンコクとは異なり、山岳民族や困窮者のためのボランティア、年金生活者の方々です。そのため教会の経済的基盤は弱く、会堂の維持で精一杯という実状です。野尻師もディアスポラ宣教師として、派遣教団からフルサポートの支援を得て働いて来られました 。

 現在、野尻先生ご夫妻が主任牧師としての定年を迎えられたので、教会は後任牧師を必要としています。自ら牧師を招聘するにはまだ難しい現状ですが、チェンマイにおけるディアスポラ宣教(海外在住者への宣教)は、チェンマイに住む日本人の救いにとどまらず、タイの人々とともに生きるキリスト者として育て、派遣していくタイ宣教でもあります。アジア宣教の拠点として、重要な地に位置するチェンマイは、多くの働き人との協力宣教の可能性に満ちています。どうぞ、この群れを通してなされる主の宣教の業に、ご協力ください。

 

 現在、チェンマイ日本語キリスト教会は自給を目指しておられ、住居費以外の必要については、すべて献金による支援が必要です。初年度は300万円の必要があります。そのうち200 万円が満たされたら出発する予定です。国外宣教委員会

 


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-08 16:42:30 (238 ヒット)

どうしてもしなければならないこと

国外宣教委員長 朝岡 勝(徳丸町キリスト教会牧師)

「ほかの町々にも、どうしても神の国の福音を宣べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされて来たのですから」(ルカの福音書4章43節)

 

 ルカ福音書が描き出す主イエスのお姿は、町から町へ、村から村へと訪ね歩く旅人のお姿です。そんな主イエスの旅路には明確な使命があります。それが「神の国の福音を宣べ伝えなければならない」ということでした。「福音」とは絶えず宣べ伝えられるべきもの、宣べ伝えられてこその「福音」なのです。

 ここには、福音が私たちを招く生き方があります。ひとたび福音の喜びに与ったならば、命の使い方が根本的に変えられる。「わたしは、そのために遣わされて来た」という召命に応える生き方です。

 ペンテコステを迎えるにあたり、「ほかの町々にも、どうしても神の国の福音を」とのチャレンジを受けとめたいと願います。教会が宣教の情熱を忘れそうになる時、内輪のことだけに思いが捕らわれそうになる時、教会の命は枯渇していきます。けれども主はそのような時にこそ私たちの顔を上げさせ、世界を見させてくださるのです。

 昨年の第67回教団総会において派遣の祈りがささげられた林武志宣教師一家はいよいよ遣わされる時が来ました。さらに今年の第68回教団総会において、長谷部愛実宣教師がタイ・チェンマイに委託派遣宣教師として遣わされることになりました。これで計7組の宣教師を派遣することになります。

 教団総会において廣瀬理事長が「国内宣教、国外宣教、青少年宣教は同盟教団の宣教的霊性である」と言われました。まさに聖霊の力を注がれた弟子たちが福音の宣教に遣わされていったように、私たちも国内、国外、そして次世代を担う青少年への宣教を「どうしてもしなければならないこと」として担わせていただきたいと願うのです。

 来たる6月4日のペンテコステ、国外宣教デーにおいて、ぜひ国外宣教の働きと、遣わされている宣教師たちを覚えての祈りとささげものをお願いいたします。今年度の国外宣教デー献金の目標額は250万円です。

 世界宣教の潮流は大きく変化しており、宣教師の働き方、派遣の形態も多様化しています。在外日本人伝道も急務の課題であり、この4月からは支援教師の高橋真治先生ご夫妻がオーストリア・ウィーン日本語キリスト教会での奉仕に就かれています。

 グローバリズムとナショナリズムが並行して進み、先行きの不透明な世界情勢の中で、主からの宣教の委託に応える私たちでありたいと願います。続けてお祈りとご支援をよろしくお願いいたします。


(1) 2 3 4 ... 20 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団