Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 新支援体制 各教会・宣教区の取り組み
投稿者 : doumei 投稿日時: 2016-11-07 17:17:31 (401 ヒット)

新支援体制 各教会・宣教区の取り組み

国外宣教委員会
 
 国外宣教では今年4月より、新しい支援体制をスタートいたしました。おもに宣教師指定献金の導入、各教会・宣教区国外宣教窓口・担当設置、などをお願いしておりますが、これらはいずれも、各教会・宣教区と各宣教師(宣教地)とが祈りと支援の太いパイプでつながることを目指しているものです。
 そのような中、今回は各教会・宣教区で取り組んでくださっている取り組みを紹介させていただきます。
 
◆窓口・担当者の設置
 新支援体制に伴い、いくつかの教会・宣教区では国外宣教の担当窓口を設置してくださっています。具体的な取り組みはそれぞれに違いますが、これまで取り組んでこられたものを、牧師・宣教区長・役務者の方たちと連携をとりながら取り組んでくださっています。その構成も様々で、お一人の方が担当者となってくださるところもあれば、宣教区によっては委員会を設置してくださっているところもあります。
 
◆宣教報告の受け入れ
 宣教師が各教会を訪問させていただく際、各宣教区ごとに受け入れのご協力をいただいています。おもに宣教区内へのご連絡やスケジュールの調整、宿泊・移動に関するご協力などです。はじめて訪れる地などは、距離感などもわからないので、宣教区の先生方に助けていただけると、無駄のない移動ルートなどを教えていただけるのでとても助かります。また、各教会や施設で宿泊を受け入れ、訪問の拠点として長期の受け入れをしていただくこともあり、荷物の多い宣教師にとっては本当に助かっています。
 また、限られた期間ゆえ、宣教区内すべての教会を訪問することが難しいのが現状ですが、いくつかの教会で合同の礼拝・集会を持ってくださったり、宣教区全体の集会に招いてくださったり、あるいは特別な集会を企画してくださったり・・・様々な工夫をしてくださっています。
 例えば、新潟山形宣教区では、宣教報告に訪れる宣教師を講師にして「世界宣教の夕べ」を開催してくださいました。これまで2回企画してくださいましたが、いずれも宣教へのチャレンジと祈りに満ちたすばらしい時となりました。
 
◆祈りのグループ
 いくつかの教会では、各宣教師(あるいは宣教地)を覚えて祈る、祈りのグループを作ってくださっています。教会全体で全宣教師を覚えるとともに、グループごとに特定の宣教師・宣教地を覚えることで、祈りのパイプを強めてくださっています。 
 
◆「つなぐ」媒体の活用
 最近はインターネットの普及で遠方と気軽にコンタクトがとれるようになってきました。集会などで、スカイプなどの媒体を通して宣教師・宣教地と中継をつなぎ、リアルタイムでお互いの近況や祈りを分かち合っています。
 
◆委員会からの提案
 ・・世界宣教カフェ・・
 今年9月、委員会の企画で、世界宣教カフェを開催しました。今回は東京(石神井福音教会)と関西(茨木聖書教会)を会場に2箇所で開催。齋藤五十三宣教師を囲んで楽しいひとときを持ちました(詳しくは後頁参照)。このような親しい交わりの時を通して、宣教師や宣教地を身近に感じていただきたいと願っています。ぜひ各教会、宣教区でこのような時を持っていただけると感謝です。
 
 この他、各教会・宣教区でなされている取り組みにつきまして、ぜひお知らせください。(主事 池田いずみ)



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団