Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : タイ・チェンマイ日本語キリスト教会について
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-08 16:45:08 (380 ヒット)

タイ・チェンマイ日本語キリスト教会について

タイ 委託派遣宣教師  長谷部愛実 チェンマイ日本語キリスト教会

 チェンマイ日本語キリスト教会は、タイの古都、チェンマイにある唯一の日本語教会です。タイ山岳民族伝道に備えていた宣教師がチェンマイの日本人クリスチャンたちの必要に応えたことが礎に。その後、野尻孝篤先生、明子先生ご夫妻が教会として引き継ぎ、12年にわたって牧会。その間30名ほどが受洗に導かれ、多くの魂を日本に送り出してきました。

 チェンマイ日本語キリスト教会に集う方々の多くは、ビジネスマンの多いバンコクとは異なり、山岳民族や困窮者のためのボランティア、年金生活者の方々です。そのため教会の経済的基盤は弱く、会堂の維持で精一杯という実状です。野尻師もディアスポラ宣教師として、派遣教団からフルサポートの支援を得て働いて来られました 。

 現在、野尻先生ご夫妻が主任牧師としての定年を迎えられたので、教会は後任牧師を必要としています。自ら牧師を招聘するにはまだ難しい現状ですが、チェンマイにおけるディアスポラ宣教(海外在住者への宣教)は、チェンマイに住む日本人の救いにとどまらず、タイの人々とともに生きるキリスト者として育て、派遣していくタイ宣教でもあります。アジア宣教の拠点として、重要な地に位置するチェンマイは、多くの働き人との協力宣教の可能性に満ちています。どうぞ、この群れを通してなされる主の宣教の業に、ご協力ください。

 

 現在、チェンマイ日本語キリスト教会は自給を目指しておられ、住居費以外の必要については、すべて献金による支援が必要です。初年度は300万円の必要があります。そのうち200 万円が満たされたら出発する予定です。国外宣教委員会

 



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団