Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 教会紹介 下北沢聖書教会 (東京宣教区 東京都世田谷区)
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-09-13 14:56:18 (96 ヒット)

教会紹介 下北沢聖書教会 (東京宣教区 東京都世田谷区)

地域と世界の祝福となるように

牧師 山口 譲

 1951年3月26日。イースター。その日、下北沢聖書教会の前身である北沢伝道所が始まりました。東京大空襲の被害が比較的軽い世田谷区に、TEAM宣教団の本部事務所が建てられ、その一室を借用して活動が広げられました。ノートヘルファ宣教師と中塚年子牧師による協力伝道です。その後、多くの困難の中にも借用していたTEAMの本部建物から出て、一軒の民家を教会専用の場所として確保しました。それが現在の教会堂が立つ場所です。

 その後、中塚牧師の35年に渡る奉仕と宣教のスピリットが、馬場靖牧師に引き継がれました。そして現在の教会堂の献堂に合わせて、下北沢聖書教会と改名しました。しかし下北沢と名乗りますが、地図を開いても下北沢という地名を見つけることはできません。下北沢という町はないのです。下北沢という知名度が高い私鉄の駅名に合わせました。実際この駅は、東京のみならず千葉、神奈川、埼玉と、隣県から足を運ぶ人で賑わいます。また文化人、芸能人、そして外国人が多く居住する地域でもあります。この事実を前にして、地域と、地域を越えた広い宣教地を念頭に置く教会名にしました。ここに下北沢聖書教会の在り方があります。地域と世界の祝福となるべく、主の前に励むことです。そのために益々キリストを知り、そして地域と世界にキリストを知らせる教会であるようにと、心に定めて歩んでいます。

 「遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。『良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。』」(ローマ10章15節)を今年の標語として励んでいます。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団