Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 光の森聖書教会 新会堂起工式
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-12-05 15:40:38 (38 ヒット)

光の森聖書教会 新会堂起工式 

経緯報告 

光の森聖書教会 牧師 罅‥賣

「よろこび・いのちあふれる教会、よい教会、光の森聖書教会」
 
 主のみ名を賛美いたします。このように聖霊さまが臨んでおられるさわやかな風の中で起工式が執り行われることに感慨無量でございます。
 光の森聖書教会は2012年6月25日(月)教団レベル開拓として生まれた教会です。光の森は開拓の5年前から九州宣教区のお祈りや短期宣教チームを通して、種まきがすでにされている所でした。教団の諸教会からの切なるお祈りと尊いご支援によって、そして伝道部の指導や助けによって、開拓は前進していきました。
 ところが、一昨年2016年4月14日(木)から16日(土)にかけて、熊本地震が起きました。益城町、西原村は震度7の地震の揺れで、大きな被害が出ました。教会がある合志市でも14日は震度5強、16日には震度6強が観測されました。
 こういう中で、属している韓国高神教団の災難緊急救護団が2016年5月19日(木)〜21(土)熊本を訪れ、慰問し、支援金を献金してくださいました。
 高神災難緊急救護団をはじめ高神教団の諸教会と信徒たちは被災地熊本に関心を持ってくださり、実際の献金と約束献金を捧げてくださいました。この献金で昨年8月21日に現在のこの土地、約100坪を購入することができました。
 日本同盟基督教団も被災地のためにボランティアとご支援を積極的に送ってくださり大きな励みと力になりました。また、日本同盟基督教団の熊本地震災害対策本部では被災地にある光の森聖書教会が新会堂を建築する時には献金で支援することが決議されました。また、教団レベル開拓支援金も捧げられます。
 このような尊い献身と犠牲を払った献金を頂きました光の森聖書教会の皆さんは心ひとつにして教会堂建築のために涙ながら献金を捧げています。
 本当に、すべてが神さまの主権の中で行われるご計画であり、み恵みです。
 今日、起工式に日本同盟基督教団の廣瀬薫理事長、林明信伝道局長、入江喜久雄九州宣教区長、また高神教団から、キム・ソンボク総会長、フャン・マンソン法人理事長、フャン・ウンソン宣教部理事長、キム・ゾンチョル法人理事。多くの先生方々が来てくださり、心から光栄に思い、感謝しております。そして、実際に教会を建ててくださいます建設会社フレンド工房社長の浦田富也さんをはじめ建築士の方々にも心より感謝いたします。
 最後に、神の家族として喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣いてくださった光の森聖書教会の皆さんに心より感謝いたします。ありがとうございました。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団