Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 献堂の恵み 二本松福音の家教会(福島県二本松市)
投稿者 : doumei 投稿日時: 2013-10-30 15:07:41 (3416 ヒット)

献堂の恵み 二本松福音の家教会(福島県二本松市)

雲の柱 火の柱      

教会員 浅野 敏朗

 当教会は、36年前、1977年8月、市内県営住宅での集会に端を発し、三箇所を移転しつつ、前牧師中西行一師が自給にて開拓、土地取得(市より購入)・会堂(旧)建築を進める中、多くの魂が出会い、共に礼拝を献げ、単立から1990年2月教団加入し、2006年に宗教法人となりました。
 1998年8月30日、2002年7月12日、大雨のため阿武隈川の水位が危険水域を越え、増水のため避難。教会は2度浸水を免れましたが近隣の多くの家が浸水し、大雨の度に心配でした。教団、多くの皆様のご心配とお祈りの中、中西師を中心に行政へ地域の切実な心配を発信し続け、最終的に市内渋川(現会堂)への移転が2011年5月に決定、2012年8月旧土地の補償金をもって市から現在地を購入して新会堂を建て上げ、新たに高知喜びキリスト教会より星沢数也先生ご夫妻をお迎え出来る事となりました。今年4月28日、教団理事長安藤能成師をお迎えして星沢牧師就任式・献堂式を行いました。
 旧役場があった主要地方道に面する角地に、空調が行届き、バリアフリートイレを初めユニバーサルデザインの近代的な会堂・牧師館(2階)が与えられました。かっての借家での苦労、暑さ・豪雪の思い出。先人の労苦を忘れず福音戦線の一翼を担って参ります。
 先日礼拝後、暑い最中、近所の父子さんが「休ませてください。」といらっしゃいました。地域は、そして神様は私達を見ていることを覚えます。「地方の伝道は草取りと雪かきからですね。」中西夫人の言葉を覚えつつ。

 



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団