Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : みことばの朽ちない種をたずさえて
投稿者 : doumei 投稿日時: 2010-12-16 02:37:11 (1541 ヒット)


みことばの朽ちない種をたずさえて

タイ 教団派遣宣教師  田口 倫子(青年センター教会)


  この10月に教会訪問と宣教報告のために一時帰国をしました。今回の訪問教会は千葉と埼玉宣教区を中心にということでした。今回は初めて訪問する教会が多く、タイで準備を進めながらも楽しみにしていました。尚、今回の教会訪問で、声をかけてくださったにもかかわらず残念ながら訪問できなかった教会の皆様に、お詫びし、紙面を借りてご挨拶申し上げます。



 



★松原湖研修会出席

 研修会で証しの時間をいただきました。10分の所を25分も話してしまい、スタッフの方にご迷惑をおかけしました。今回の研修会のテーマである機構改革について学ぶことができたこと、一度にたくさんの先生方とお会いする機会が与えられて感謝でした。


★「朽ちない種」の実を覚えた教会訪問

 訪問した教会は13教会。中には2教会が合流して報告会を持ってくださった教会があり、宣教区内での交わりの親しさを見せていただいたようでした。

 初めて訪問する教会が多かったのですが、どの教会も暖かく受け入れてくださいました。そして意外な驚きが!どの教会にもタイ・フィールドや私個人と関わりのある方がおられたのです。奉仕や訪問で来タイされた方々やその関係者の方々でした。初めて訪問する教会で、何年ぶりかに意外な方にお会いできるとは。これらの方々とは、フィールドからの『マイペンライ』を発送するというつながりがありましたが、長年会わなく小竹町聖書教会にて(10/25 主日)とも、タイ宣教のために祈り、忠実な信仰生活の実を見ることができました。またある教会は、私が神学生だった頃に行った教会でした。その頃からの教会員がやはりおられ、当時、まだ信仰を持っておられず、後日信仰を持ち、今もその教会に集われている方もおられ、「朽ちない種」を覚える時ともなりました。


 ★帰タイ後

 留守の教会の安全が守られ、毎週礼拝がささげられていました。また教会員が礼拝後に教会の清掃をするようになり、「教会を共にたてあげていく」という意識が少しずつ育っているようで感謝でした。そして一番驚いたことは、一人の求道者の人が戻ってきたことです。今年の6月に教会に来はじめた人でしたが、音信が途絶え気味でした。この10月の礼拝に出席するようになり、今は入門クラスを再開しています。

 今回の宣教報告の準備の中で与えられたみことばは「朽ちない種」(汽撻謄蹌云23節)でした。福音のみことばの種は朽ちない。まかれた福音のことばが時を経て、主の時に芽吹いて成長するということをタイで、そして日本で見ることができたようです。タイでも日本でも、みことばの朽ちない種を主に期待しつつ根気よくまき続ける働き。そこには労苦と同時に希望がありますが、この朽ちない福音の種を携えて、タイでまき続けます。どうぞこの働きのためにお祈りください。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団