Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-11 16:47:37 (19 ヒット)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-06 16:22:11 (34 ヒット)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-06 16:05:25 (22 ヒット)

社会厚生部 「九州北部豪雨被害者支援募金」報告

社会局長 山口陽一

 2017年7月の九州北部豪雨では、福岡県朝倉市と大分県日田市周辺で観測史上最多雨量を計測し、死者37名・行方不明4名(11月現在)、全半壊1367棟ほかの被害がありました。九州キリスト災害支援センター(横田法路代表)では日田ベースを拠点に8週間で837名のボランティアが救援活動にあたり、その後も支援活動が10月末まで継続されました。教団では九州キリスト災害支援センターを通しての支援のため募金を行い、11月6日までに311万4210円(152件)の募金が寄せられました。九州宣教区を通して九州キリスト災害支援センターと連絡を取りつつ、金桓基宣教区長と翕賣師が10月26日に九州キリスト災害支援センターの中村陽志ディレクターに100万円の支援(目録)をお渡ししました。募金からは他に九州宣教区の支援活動費に20万円の支援を行い、今後も必要に応じて支援を行う予定です。お祈りとご協力に心より感謝申し上げます。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-06 16:03:03 (23 ヒット)

財務部だより その3『御礼とお願い』

部員 古川弘幸(神岡キリスト教会牧師)

 御子イエスさまのご降誕をお祝いする12月を迎えました。今年も一年間の教団財務部の働きにご協力くださった諸教会の先生方、並びに教会員の方々、特に教会会計の実務を担当してくださった方々に心から感謝申し上げます。

 「財務部だより」その1と2にも記したように教団には、2つの負担金(『教団負担金』と『明日の伝道者育成負担金』)があります。『教団負担金』は伝道支援費、理事会及び局部委員会等の会議費、教育関係費、本部経費等、教団運営上の経済基盤となる重要なもので収入の約半分(2016年度決算によれば45・1%、約1億1170万円)を占めています。しかし今年度9月末の予算達成率は、71・3%(9か月目なので75%が期待値)でした。

 そこで、今年度の締切となる12月末日迄に今一度、未送金になっているものがないかを諸教会の会計担当者に確認していただきたいと思い、今回の文書を『世の光』に掲載いたしました。

 クリスマスも近づき、何かとご多用のこととは思いますが、教団諸活動がより進められることを願ってのことです。ご協力をよろしくお願いいたします。 

 尚、教団への送金状況を確認する際には、明日の伝道者育成負担金や松原湖研修会負担金、バイブルキャンプデー献金、献身者デー献金、謝恩デー献金、国内宣教献金、国外宣教献金、21世紀キャンプ献金等の送金状況についても今一度ご確認ください。また教団機関紙「世の光」の代金は、2017年4月号から1部当たり55円から75円に料金改定していますので、お間違えのないようにお願いします。

 御子イエスさまの誕生をお祝いするクリスマスを迎えるこの月、皆さまの教会に主の恵みが豊かに注がれ、お働きが尊く用いられますようにお祈りいたします。

 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。(ヨハネの福音書1章12節)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-06 15:58:02 (20 ヒット)

教会支援部 

伝道懇談会報告「研鑽と交わり」

部員 草井琢弘(岡山めぐみキリスト教会)

 第27回「伝道懇談会」(開拓から自立まで)を松原湖バイブルキャンプ場にて行いました。約100名の方々(教師と信徒)が集まり、研鑽と交わりを持ちました。多くの方に参加いただき、多くの方の祈りと支援に支えられていることを感謝しています。

 主講師の斎藤成美師(松戸福音教会)より「教会らしい教会」(使徒2章43〜47節)と「バルナバを鏡に」(使徒11章19〜26節)と題して、慰めに満ちたメッセージに励まされました。質疑応答においても斎藤先生の長年の経験に基づいた助言はやはり励みになりました。

 今年の分科会(「牧会者の励まし」「役員会形成」「自立への取り組み」「居場所作りから伝道へ」「心病む方との関わり」「宣教師との協力による開拓」)も充実し、参加者からは複数の分科会に参加したいという声が漏れ聞こえました。

 そして伝道懇談会の目玉となりつつあるのが「小グループ」による交わりです。毎回のアンケートから「交わりの場が欲しい」と言うことを受けて、小グループの交わりを導入し、今回は2度(各1時間程度)「小グループ」の時間を持ちました。それでも時間が足りないようでした。

 今回、特筆すべきはTEAM宣教師方が大勢参加くださったことです。また主講師の斎藤先生より、先ず「神を畏れ敬うこと」の大切さが語られたことは「開拓から自立」に向かう為に励んでいる先生方の視線を天に向けてくれました。次年度もアンケートを参考にしながら教会支援部で準備を進めます。ご期待ください。


(1) 2 3 4 ... 49 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団