Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 日高バイブルキャンプ場ヒストリー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-02-01 17:15:53 (303 ヒット)

日高バイブルキャンプ場ヒストリー

室蘭キリスト教会グロリアチャペル 牧師 藤山 勝彦

 昨年末、懸案だった日高バイブルキャンプ場の譲渡手続きが完了。そこで、一つのキャンプ場が歴史の幕を閉じるので記録を残してはとの提案があり、近くにいて長く関わった者がペンを取った次第。

 火山灰をかぶったテントから

 1951年に来日したスウェーデン福音宣教団は1960年8月、洞爺湖畔で第一回バイブルキャンプを実施。その後、同宣教団により生み出された旧日本聖書福音教団(1974〜2004)時代、場所を移動しながらテントキャンプをしていた1977年、有珠山大噴火による降灰で、干していたテントが使用不能。そこで、「自前のキャンプ場を」との祈りが積まれ、ついに朗報が。過疎化が進む日高町の小学校跡地4200坪(1万3860屐砲鯒乏覆裡横苅伊円で購入。翌1982年、喜びのうちに「日高バイブルキャンプ場開村式」挙行。以来25年に渡る、自前のキャンプ場でのバイブルキャンプが可能になった。そこでイエス様と出会ったキャンプの申し子たちが成長して熱心な奉仕者に。今では彼らがいなければキャンプは始まらない程だ。あのお兄さん、お姉さんのように自分も早く奉仕者になりたいという何人もの中高生に接し、良い循環が生まれていることは感謝。

 自然の恵みと厳しさから

 キャンプ場は山あり川あり、近くに釣り堀、国際スキー場まであるというロケーション。しかも北海道の中央部にあるので、貸出キャンプ場として宣伝した所、道内は勿論、本州からも少なくないキリスト教諸団体が利用してくれた。人口2千人の町に対して、いささか貢献ができたと思う。

 自然豊かなキャンプ場ではあったが、冬の寒さは半端ない。積雪1m半、マイナス30度近い中で実施したスキーキャンプでは幾らストーブを焚いても温まらず、参加した生徒が体調を崩したことも。屋根の積雪が1mの時は、倒壊防止に何度か除雪した。

 日高町から日高町へ

 購入時、既に30年が経過した校舎や住宅は、夏場の手入れだけでは老朽化を防げず。更に、井戸水、布団乾燥、ボッチャントイレ等、衛生面での不評が加わった。

 2004年に同盟教団の財産となってから、松原湖バイブルキャンプ関係者が数名来道。有効利用等話し合ったが、北海道宣教区の総意としては処分の方針を確認。2011年の同盟教団総会でも処分計画が承認された。以来、売却先として古民家業者が関心を示したが実現せず。キャンプ場近くの乗馬用アラビアンホース生産家技瓩眷箋儷盂曚猟磴気帽愼意欲を示されたが不首尾。最後に、下川友也牧師の知人で日高町議会の議長J氏が動いて下さり、日高町観光協会が譲り受けることで合意。1952年に建てられた小学校と敷地が65年振りに日高町に戻った次第である。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団