Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 財務部だより  嵬斉の伝道者育成負担金」について
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-06-02 11:11:31 (109 ヒット)

財務部だより 

「明日の伝道者育成負担金」について

部員 古川 弘幸(神岡キリスト教会牧師)

 皆さんは、教団財務部の働きをご存知でしょうか?

 私は、2016年の4月から財務部に加えていただき、現在色々なことを学んでいる最中ですが、先日、ある方から「財務部の働きをもっと紹介した方が良い」とのご提案をいただきました。そこで、財務部で取り扱っていることを少しずつ紹介させていただきたいと思います。不定期になるでしょうが、是非お読みくださり、ご質問などあれば私の方までお知らせください。

 今回は、諸教会の皆さまに負担していただいている『明日の伝道者育成負担金』についてです。

 現在、同盟教団の諸教会には、二つの負担金があります(教団負担金規定・教規第64条3項参照)。それは、『教団負担金』と『明日の伝道者育成負担金(以下、『伝道者育成』)』で、『伝道者育成』は、教師の育成を目的としています。

 『伝道者育成』の始まりは、2014年3月21日で、教団総会が代議制総会に変更されたことに合わせて設けられました。全教会参加の教団総会を開催していた時には、諸教会に参加費を負担していただいていましたが、代議制になればその総会負担金が不要になるので、「その参加費を伝道者育成のために献げていただこう」との趣旨で『伝道者育成』が設けられたのです。

 『伝道者育成』の負担額は、「前年の実情報告の現住陪餐会員数×500円」(上限11万円)と決められ、納入時期は、教団総会負担金を納付していた時期に合わせて毎年2〜3月となっています。使途は、ゞ技娶補者奨学金と、∧箒技媼け入れ教会への補助金(注1)となっていて既に用いられていますので、より良い形で用いられるようにお祈りください。

 最後に貴重な献金の中から『明日の伝道者育成負担金』を納付してくださっている諸教会の皆さまにお礼を申し上げると共に、今後とも納付にご協力くださいますようにお願いいたします。

注1 補助金は、「明日の伝道者育成支援費」細則に基づいて支出されています。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団