Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-03-09 14:04:15 (162 ヒット)

「教会と国家」委員会 

日本国憲法平和主義

千種キリスト教会員 青木 有加

 2018年1月現在、与党自由民主党内で新たな第9条の案の取り纏めが進められ、各新聞社も世論調査の結果を報道しています。2015年9月には、日本が正に、切れ目のない、あらゆる戦争に加担しうる安保関連法制が採決され、これに対しては平和を訴え反対の声が大きくあがったことが記憶に新しいです。今回は、そもそも日本国憲法は平和主義についてどう定めているのか、どんな人権を守ろうとしているのか、日本国憲法制定時に日本の閣僚は何と説明していたのか、を記述します。なお、憲法の基本的人権保障や立憲主義については、本誌2018年1月号掲載の記事を参照してください。

  何が書かれているか

 前文の第2段には「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」とあります。

 各人権条項がある第3章の前の第2章には、第9条第1項に「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」、第2項には「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」とあります。第9条は、1項で、武力行使を禁止し、2項で戦力を持たないこと、交戦権を否定するということを定めています。武力行使・戦力・交戦権といった軍事力という国家権力を認めないという極めて立憲主義的な規定です。

  平和的生存権

 こうした条文と共に第13条以下に実に様々な人権を保障する規定を持つ日本国憲法は、平和的生存権という人権を保障しています。名古屋高裁2008年4月17日名古屋イラク派遣差し止め訴訟判決は「戦争と軍備及び戦争準備によって破壊されたり侵害ないし抑制されることなく、恐怖と欠乏を免れて平和のうちに生存し、また、そのような平和な国と世界をつくりだしていくことのできる核時代の自然権的本質をもつ基本的人権」と平和的生存権について判断しました。

  起草当時の閣僚のことば

 1946年3月20日、当時内閣総理大臣であった幣原喜重郎は、枢密院非公式会議で次の通り説明しました。「戦争放棄は正義に基づく大道で、日本はこの大旗をかかげて国際社会の原野をひとり進むのである。…原子爆弾の発明は、世の主戦論者に反省を促したが、今後、さらにこれに幾十倍幾百倍もする破壊力ある武器も発明されるであろう。今日のところ世界はなお旧態依然たる武力政策を踏襲しているが、他日新たなる兵器の威力により、短時間のうちに交戦国の大小都市悉く灰燼に帰するの惨状を見るに至らば、その時こそ諸国は初めて目覚め、戦争の放棄を真剣に考えるであろう。その頃は、私はすでに命数を終わって墓場の中に眠っているであろうが、その時、私はその墓石の蔭から後ろをふりかえって、諸国がこの大道につき従ってくる姿を眺めて喜びとしたい。」


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-02-01 16:13:07 (250 ヒット)

社会厚生部 

第2回しゃべり場カフェの報告

部長 郷津裕

 10月4日の松原湖の研修会の折り、「誰でもその時を迎える。体験者6名は語る、シニア時代のライフスタイル――厳しい老年期をどう生きるか」というテーマで開かれました。

 今回は、支援教師の先生方のお話を聞きたいと願い、6名の先生方にお証しをお願いし、3つのグループに別れ、お証しを聞き、その後、参加者が自由に話すプログラムでした。私は、今まで社会厚生部として支援の先生方にどれ程、配慮した働きをしていたのだろうかと反省もしました。

 先生方のお証しは、どれも全員の方々に聞いていただきたい程、濃密な内容でした。ある先生は、厳しい経済状況の中での、まるでエリヤの烏のような主の恵みを証ししてくださいました。ある先生は、支援教師が「祈りのネットワーク」の中に名前のみが掲載され、祈祷課題や近況の写真を載せてもらえない寂しさを話してくださいました。その他の先生方もみな、主の導きの中で支援に導かれ、今、おられる所で主の働きを担っておられる近況を話され、参加者一同、大変、恵まれました。さらに支援になった場合に礼拝を守る教会をどこにするのか、生活がどのように支えられていくのかといった具体的な話も聞くことができました。

 私は、こんなに素晴らしい支援教師の先生方がもっと同盟全体で用いられ、ご奉仕される機会が増やされて欲しいと思いました。そのために社会厚生部として何かできることはないのかを今、考えています。

 今後もしゃべり場カフェを継続していく予定です。多くの先生方の本音や抱えておられる課題を具体的に聞ける場は必要だと考えていますので、もし来年、証しや参加をお願いした時には、今回の先生方のようにご協力を宜しくお願いいたします。またどんなテーマで話したら良いか、どんな先生方のお話を聞きたいか、そんなリクエストもあったら、大歓迎です。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-02-01 16:10:56 (220 ヒット)

社会厚生部 

謝恩デーの感謝報告

部員 奥深山 井作(高山祝福教会牧師)

「わたしは、あなたがたに自分で労苦しなかったものを刈り取らせるために、あなたがたを遣わしました。ほかの人々が労苦し、あなたがたはその労苦の実を得ているのです。」(ヨハネ4章38節)

 諸教会の皆様にはいつも社会厚生部の働きのためにお祈りと多大なご協力をいただきまして誠にありがとうございます。昨年11月18日の謝恩デーにはポスターの掲示と献金のお願いをさせていただきましたところ、12月末までに163教会から272万3566円の献金が献げられました。教会会計の事情で新年を迎えてから送金くださった教会もあるかと思いますので最終的な金額には動きが生じるかもしれませんが、様々な必要がある中、謝恩デーを覚えてご協力くださった皆さまに心から感謝を申し上げます。献げられた献金は、半額を教団退職金の原資に、残りの半額は主に病気療養中の先生方、経済的支援を要する引退教師のサポート等に尊く用いさせていただきます。

 支援を受けられた諸先生からは、いつもご丁寧なお便りを教団宛てにいただいております。そのお一つお一つを社会厚生部員が部会の折に読ませていただいております。書面には、病を抱えての日常の大変さが伺える内容、老老介護に疲れを覚える中で大変励まされているご様子、さらに宣教の第一線から離れても教団の一員として覚えられていることの喜びなど、様々な感謝が綴られております。そして、お便りの結びには、諸教会の宣教が益々豊かに祝福されますようにと、祈りが添えられております。主の御からだの中で温かな愛が行き巡る姿を目に見えるかたちで覚えることができます。本来でしたら、これらすべての謝辞を諸教会の皆様にお届けすべきかと思いますが、社会厚生部が代って受け留めさせていただいておりますこと、感謝をもってご報告いたします。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-02-01 16:07:37 (185 ヒット)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-02-01 15:24:10 (288 ヒット)

 日本同盟基督教団「教会と国家」委員会主催 

2018年2・11信教の自由セミナー

 

<関東地区集会>
2018年2月12日㈪ 10時30分〜
 
私たちはまだまだ忘れない〜ドイツの教会から学べること〜
 
講師 齋藤 篤師(日本基督教団 深沢教会牧師)
 
 第二次世界大戦から70年が経ち、戦後レジームからの脱却が日を経るごとにますます叫ばれています。私たちはキリストの救いを自分の信仰として与えられていますが、その信仰が世の中の動きとどのように反応し、応答していくことが大切なのでしょうか? ドイツの戦前・戦中・戦後、そして現在に至る教会の動きから、私たちはその手掛かりをつかんでまいりたいと思います。
 
会場 中野教会
 
 
<関西地区集会>
2018年2月12日㈪ 10時30分〜
 
教会の政治的ディアコニアの課題
 
講師 相馬伸郎師(日本改革派キリスト教会 名古屋岩の上教会牧師)
 
 教会とキリスト者の働きは、キリストの三つのお働き(預言者・祭司・王)に即して担われます。確かに、日本の教会は国家との関わりのなかで祭司として祈り、預言者として反対や抗議の声名を公にしてまいりました。ただし、仕える王として政治によって弱く、小さくされた人々の隣人となる「ディアコニア(愛の働き)」についてはどうでしょうか。名古屋岩の上教会は11年春、「ディアコニア支援室」を設置して被災地支援活動を継続しています。そして15年夏、「政治的ディアコニア室」を設置し、月に一度、戦争法(他)に反対する意思表示を路傍に立って表し、今では平和をつくる市民運動と深く連帯するまでに導かれました。一つの小さな教会の実践と何よりその信仰(神学)について、皆さまと語り合うことができれば幸いです。
 
会場 生駒めぐみ教会


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 53 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団