Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2011-08-31 02:34:47 (1244 ヒット)

同盟教団は青少年宣教に一生懸命です 「ミッション・テモテ21」進行中

青年部部長 西村 敬憲(西大寺キリスト教会)

中高生教会征服作戦(外伝七)

 中高生の皆さん、こんにちは。今回はGAP5「キャンプでドリームはマジになる」のドリーム3(シーズン1エピソード7)「賛美でゲット、ジーザス・エナジー」です。


キャンプの賛美って、いつもと違うなって思わない?まず、音が大きいでしょ。ドラムがあるし、エレキギターにベース、シンセとかピアノ、いつもの教会には並ばないようなものがたくさんのコードといっしょにあるでしょ。みんなの中には、教会にもドラムがあるよなんていう超ラッキーなチャーチライフを過ごしている人もいるかもしれないけど、それでもキャンプほどの大きな音は出さないでしょ。それに、歌をリードする人の声もはっきり聞こえて来るよね。これも教会で賛美歌なんか歌っていると、司会者や牧師先生の声がマイクに入ってたりしていい時もあるし、歌いにくい時もあるっていうのが普通だから、最初はびっくりするかもね。どちらかというと、コンサートに行って、いっしょに歌ってるって感じだろうね。まわりの大人の人たちの中には、若いころから、ビートルズとか吉田なんとか郎とか、うにゃうにゃ俊彦とか…GENJI みたいなコンサートで騒いでいた人たちも多かったと思うよ。 だから、ホントは、ガンガン賛美を自分たちもやりたいなって思ってるんじゃないかな。やっぱり好きな音楽のスタイルってダイレクトにパワーがわいてくるからね。キャンプだから歌えるとか、踊れるとか、シャウト出来るってことは、すごく大切。キャンプじゃないと出来ないことがあるって、素敵なことだよ。普段の教会じゃなかなかできなくても大丈夫。やっぱり仲間がいて、いい音楽の機材(これがけっこう高い)とか、パワフルなミュージッシャンがいるから、テンションも上がって行くでしょ。そういうパワー・オブ・ミュージックを直でもらえるキャンプの賛美でエナジーをしっかりとチャージできると、いつもの教会の賛美だって、いいなって思えるようになる。それだけじゃなくて、こういう賛美のイベントをキャンプ・スタッフのお兄さん、お姉さんたちと相談してやってみるのもいいよね。そしてギターをアンプにつなげたり、ドラムをたたいたり、マイクで歌ってみて。きっと最初はやさしく教えてくれる。それからだんだん厳しくしごかれるようになってきたら、も新しいステージに立ててるよ。それが、ジーザス・エナジーの道。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2011-08-22 19:07:45 (1638 ヒット)

教師派遣制度の恵み

あなたの家族のところに

大井教会牧師 竹内 智之

大井教会は、多くの直接献身者が起こされた教会の一つです。その献身者の一人に今回震災に遭われた菊池良市師がおられます。当教会は、菊池師を始め、多くの先生方のご奉仕により多くの方が救いに導かれたことを信徒から証しとして聞きました。私は当時、補教師でしたので、聖餐式も兼ねてどなたか大井教会に関係する先生をお招き出来ないものかと考えていたところ、良市師のご次男である菊池充師をお招き出来る事になりました。充師は、当教会からの献身者ではありませんが、母教会に帰って来たかのように喜んでご奉仕を献げてくださいました。充師は東京で牧会されていた時に、当教会の信徒のご家族を訪問し続けて下さっていました。そのこともあり、信徒は直接、先生にお会いし喜びを覚えていました。先生も喜んで来て下さり、説教と聖餐式と学び会を行ってくださいました。説教と学び会は、訪問伝道ということでリンクし、ご自身の証を交えて楽しく且つ分かりやすく語って下さいました。とくに感謝なことは、午後の学び会にも2名の求道者が参加してくれたという事です。

 また、諸事情のために礼拝出席できなかった教会員をプチ訪問して下さり、聖餐式を執り行ってくださったことも感謝でした。大井教会は、大半が高齢者で健康的事情・距離事情もあり、礼拝に集いたくても集えない方々が多くいます。また、教会員の家族でも主を信じていない方が多くいます。今回、菊池充師をお招きした事により、先生と教会員の再会・出会いの喜びは勿論ですが、神の家族である一人ひとりのところへ訪問し、聖餐の恵みに共に与ること、そして主の恵みを宣べ伝えていくチャレンジが与えられました。

 最後になりましたが、教師派遣制度( 問安) は、遠隔地の先生をもお招きするチャンスがあるのだと教えられました。このような制度を与えて下さった主に感謝いたします。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2011-08-22 19:02:30 (1041 ヒット)

同盟教団は青少年宣教に一生懸命です

「ミッション・テモテ21」進行中

青年部部長 西村 敬憲(西大寺キリスト教会牧師)

中高生の皆さん、こんにちは。今回はGAP5「キャンプでドリームはマジになる」のドリーム2(シーズン1エピソード6)「ジャンボだ、バイブル・ドリーム」です。

 夢を実現するには、今は何が出来るかをさがすこと。小学生くらいまでの女の子の定番なら、食べ物屋さん、お花屋さんとか看護士さん、幼稚園の先生、男の子なら野球選手、サッカー選手、学者、大工さん、パイロットという感じ。高校生になって、これを実現しようと思ったら、けっこうがんばらなきゃいけないって感じだよね。

 こういう勉強とかトレーニングはすごく大切だけど、うまくいかないときに力をくれるものがあったら、あきらめないでチャレンジ出来るよね。それが、バイブルとお祈りと賛美。

 よく教会にずっと行ってると「毎日聖書を読んでますか」って言われるでしょ。べつにしないからって、悪いことはないんだけど、夢に向かっていきたいなら、すっごく助けになることは確実。

 でも、なかなかできないなって感じの人も多いんじゃないかな。そこで、キャンプ。夜にはたいていバイブルタイムみたいな名前がついていて、聖書の話を聞くでしょ。こういうときに話してくれる人は、何とか楽しく聞いてもらおうと一生懸命がんばってるので、なるほどなって思うこともたくさんあるはず。いいこと書いてあるなって思ったら、すぐにしおりにメモしておこう。そうしたらそれはもう、ただの歌集じゃなくて、夢に向かう自分をずっと励ましてくれる強力アイテムになるよ。

 お話の後、グループに分かれて感想を話すよね。けっこうみんないろんなことに悩んだりしながら聖書で元気になってるってこともわかる。

 さらに、朝はたいてい6時ごろという超早起きをして、ディボーションとかいう聖書を読む時間がある。ごはんの前に聖書読むなんてキャンプくらいかもしれないけど、やってみるとなんかさわやかなスタートって感じになるでしょ。こんな気持ちで学校も行けたらいいよね。

 だからキャンプから聖書とったら、きっとすごく物足りない感じがすると思うよ。やっぱり聖書ってジャンボだなあって思えたら、毎日読んでみようって決心。かなりそれってかっこいい。夢を目指して生きてるって伝わってくる。毎日読み始めて、国語の点数が上がったっていう高校生もいたけど、ジャンボな出会いをゲットできたらすごいよね。次回は賛美。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2011-07-04 20:05:42 (1363 ヒット)

教会と国家委員会「集会案内」

 峩飢颪塙餡函廾儖会主催2011年8・15平和祈祷会


日 時:2011年8月13日㈯ 午前10:30〜12:30

会 場:中野教会

テーマ:「大震災の中で平和を作り出す教会として:66 年目の夏に」

講 師:藤原 淳賀師(聖学院大学総合研究所教授、日本バプテスト連盟恵約宣教伝道所牧師、東京基督教大学非常勤講師、青山学院大学非常勤講師)


東信州地区諸教会主催 8・15東信地区平和祈祷会

日 時:2011年8月15日㈪午前10:30〜

会 場:東御キリスト教会

説教題:未定

講 師:八木隆之師(軽井沢キリスト教会牧師)

参加費:無料


新潟山形宣教区ヤスクニ委員会主催 新潟平和夕拝

日 時:2011年8月7日㈰ 午後7:00〜

会 場:新潟福音教会

テーマ:「平和をつくるために教会の歴史に学ぶ」

講 師:倉沢正則師(東京基督教大学学長)

参加費:無料(席上献金あり)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2011-07-04 20:00:21 (1632 ヒット)


 


« 1 ... 52 53 54 (55) 56 57 58 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団