Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-27 15:41:30 (81 ヒット)

教会支援部 教会支援費受給の証し

「呼び水になる宣教協力」

宜野湾聖書教会 牧師 金 敦永

 
 宜野湾聖書教会は1994年沖縄宣教区の前身である沖縄ブロックが7つの教会のビジョンを受けて、沖縄中央教会、国場教会、名護聖書教会という3つの教会により開拓され、25年目になりました。私も本教会の開拓の年、1994年日本宣教師として川崎の招待キリスト教会に派遣されてきました。また1998年3月、本教会の開拓約4年目に、前任者が辞任することになり、私が後任の協力宣教師として赴任してきました。一年後には教団加入が許されて今までの20年間、私が本教会で主に仕えることが許されていることを主に感謝しています。
 私が赴任した当初は小さい一軒家を購入し改装した牧師住宅兼会堂で礼拝をしていました。しかし2004年に小さな群れですが、牧師子弟の成長に伴って牧師館が狭くなり、同時に会堂購入時の借金も返済が終わったので、現在の大路に面する賃貸の会堂に移りました。会堂は新来者が見つけやすい場所で、小学校の向かい側、バス停近くに位置しているので、潜在的求道者である、神の民がたくさんいると期待しています。まだ経済的自立が難しい現状で、原則の終了期限をはるかに越えているので、長年支援費を受け続けながら、必要以上の負担を教会や教団に負わせていないかという心配もあります。しかし原則に縛られず地方の弱い教会への支援制度を重んじる教団の宣教協力があって、この地域に一つの教会が依然と存在し続ける、神様の栄光を映し出す神の民がいる、イエス・キリストの愛に生きるキリスト者の生き様を証しすることが必要とされていると思わされます。
 これからもこの呼び水になる教団の尊い支援を素直に喜び、感謝して、この地での宣教にもっと励んで行きます。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-27 15:38:59 (78 ヒット)

人格尊厳委員会 シリーズ 「ハラスメントの境目」

「茶髪禁止指導」

人格尊厳委員 大杉 至(伊那聖書教会牧師)

 指導とハラスメントの境目がわかりにくいという声に応えてシリーズでお伝えしています。

 第二回は「茶髪禁止指導」を取り上げます。茶髪(染髪)を始め髪型や服装は個人の人格と自由に関する事柄ですから、不当に制限すべきではありません。では次の場合はどうでしょうか。

 仮想事例「教会の伝統と対人的な影響を理由に、主任牧師が新人伝道師に茶髪(染髪)をやめるように指導した。」これはハラスメントには当たりません。教職者や教会職員の髪型や服装等について、その職務における対人的な影響を考慮して、円滑な運営上必要かつ妥当な範囲で一定の制限を設けることは必ずしも不当とは言えません。ただし人格の本質にかかわるもの(先天的、医学的な理由等)については制限してはなりません。

 個別の事柄として、茶髪が妥当かどうかは、個々の教会の伝統や雰囲気によって異なります。全教会一律に「茶髪はよい」「茶髪はだめ」とは言えません。

 教職者や教会職員の髪型や服装等に関して規則や指針を定めている教会は少ないと思われます。もし本当に茶髪を禁ずるならば、予め規則や指針を定め、就任前に「この教会では茶髪は禁止です」と伝え、合意を得ておくのが望ましいです。

 もし主任牧師自身や他の教職者の茶髪は許されているにもかかわらず、当人にだけ茶髪を禁じたのであれば、一貫性のない不当な指導としてハラスメントとされる可能性があります。

 ここまでは教職者や教会職員の髪型や服装などに対する指導でしたが、信徒に対する指導はどう考えればよいでしょうか。職員ではないので、職務上の理由で指導はできません。できるとすれば、例えば公同の礼拝の妨げにならないような常識的なものにするように指導することかと思います。この場合も何が常識かは教会の伝統や雰囲気によって異なります。

 互いの人格が尊重され、安心して集える教会でありたいものです。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-27 15:34:50 (69 ヒット)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-04 17:34:29 (137 ヒット)


投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-04 17:33:44 (147 ヒット)


(1) 2 3 4 ... 58 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団