Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 宣教区紹介 九州宣教区
投稿者 : doumei 投稿日時: 2016-09-28 17:36:05 (453 ヒット)

宣教区紹介 九州宣教区

感謝と主に期待

宣教区長 金桓 基(宮崎めぐみ聖書教会牧師)

 去る4月14日と16 日に起きた大分・熊本震災のために教団を始め、諸教会からのお祈りと支援に心より感謝を申し上げます。今現在順調に復旧が進んでいます。今回の震災を通して九州宣教区の諸教会は心を一つにして最善を尽くし被災地の教会を訪問し励まし、積極的にボランティア活動を行い、主の愛を実践しています。宣教区の役割がどれほど重要であるのか教えられる機会になりました。

 宣教区制がスタートした2004年より九州宣教区としての福音宣教の活動が始まりました。それまでの教団レベル開拓により形成された教会も含め、現在は、5つの県に8つの教会があります。それぞれの教会が九州各地域にあって、車両での移動時間が平均3時間ほどかかるため、定期行事や集会等に気軽に参加できない現状ではありますが、諸教会が交流と協力を通して緊密に活動をしています。講壇交換や連合婦人会、毎年5月のゴールデンウィークに「連合ファミリー聖書キャンプ」を開き、外部講師をお迎えし、信仰の成長に力を注いでいます。

 九州宣教区の以後の課題は、2010年教師会より取り上げてきた鹿児島開拓です。8つの教会と全体会員数150人の信徒がとりなしの祈りと共に献金を献げ、備えてきています。教会開拓を通して九州地域に、より効果的に福音が広がることを期待し神さまの時を待ち望んでいます。九州宣教区はまだまだ未熟ですが、ただ主に期待し祈り求めつつ一歩一歩前進しています。諸教会の皆さまのお祈りをよろしくお願いします。

 祈祷課題は、ー児島開拓の準備と前進のために(財政、人材、場所)。区内教会の宣教協力と成長のために。次世代への信仰継承のために。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団