Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 宣教区紹介 関東宣教区報告
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-03-17 15:03:03 (217 ヒット)

宣教区紹介 関東宣教区報告

宣教区長 野町 真理(杉戸キリスト教会牧師)

 いつもありがとうございます。関東宣教区の特色3つ記します。

 一つ目は経済状況の多様さです。経済的に困難な教会が少なくありません。このため関東宣教区では、バルナバ基金という名前で、経済的に厳しい教会への支援と、将来の宣教区開拓に備えての積立をしています。幸いなことにこの春、少しバルナバ基金から支援させていただいた原市場聖書教会が自立へと導かれました。原市場聖書教会は教会レベル開拓によって高麗聖書教会から産み出されました。また、病気の先生と教会を支えるため、宣教区で説教応援もしています。受けるよりも与える方が幸いです。

 二つ目は地上における国籍の多様さです。教団において約1割の教職が韓国籍だと聞いています。関東宣教区では、高麗、吉川、光が丘、足立、そして枝川。これら5つの教会の教師が韓国籍です。日本と韓国のキリスト者が、主イエス・キリストの十字架のもとに力を合わせる時、この宣教区は日本とアジアと世界に仕えることができるでしょう。

 三つ目は置かれた場所の多様性です。関東宣教区には都会と田舎が共存しています。群馬県に2教会(安中、高崎)、埼玉県に11教会2伝道所(吉川、杉戸、越谷、新狭山、いのちの樹、霞ヶ関、朝霞、のびどめ、志木新座、グリーンヒル、北秋津、高麗、原市場)、そして東京都に未加入教会を含めて10教会(北赤羽、赤羽聖書、足立、枝川、中野、椎名町、徳丸町、小竹町、光が丘、サンライズ)。それぞれが置かれた場所で福音の花を咲かせ、いつまでも残る実を結べますように。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団