Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 自立と教会支援制度
投稿者 : doumei 投稿日時: 2016-07-06 13:56:30 (545 ヒット)

自立と教会支援制度

伝道局長  入江  喜久雄(福岡めぐみ教会牧師)

「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイ28章19〜20節)

 
 自立に必要な事柄は何でしょうか。
 
一、神を呼ぶ結集の祈り
 私たちが集まって祈るのは、自分が属している教会のためだけでなく、教会支援費を受給している教会(第67回教団総会資料212頁)また経済的に困難を覚えている教会のためでもあります。さらに教会支援費の「目指すところの一つは、被支援教会の中から『生み出す教会』の起こされる事です。」このためにも諸教会が祈祷を捧げ、国内の福音化を進めたいものです。
 
二、新しい働き人
 教会の伝道、養育活動はマンネリ化しやすい傾向があります。そのために、「教会支援・教師派遣制度」を利用してみませんか。自給自立途上から脱却するために教団内の正教師を招いて、信徒研修会、伝道集会、聖書講演会などを実施して新しく救われる人、霊的成長する人の増加を期待しましょう。
 
三、宣教に向かう教会
 同盟教団の兄弟姉妹が集まり、自立を目指す教会へ行って伝道集会、子供集会などを実施します。これが「キャラバン伝道支援」「伝道局主催のキャラバン伝道への協力」で
す。行く側も招く側も宣教の教会となり大きな祝福があります。まず行く側は教会全体に知らせ、祈りつつ隊員を集め、迎えて下さる教会と話し合い、教会に必要な宣教支援を準備し当日を迎え出発します。迎える側の教会もこのために集会の準備と集会後の宣教を計画します。具体的な目標をみんなで掲げ、祈り、話し合い、誘い、集会準備して伝道隊を待ち、当日を迎えます。これが霊的に実に楽しいのです。様々な賜物を持った方々との出会い、交わり、一緒の食事、伝道で霊的力が高まります。さらに新しい方が来られた時、求道者が主キリストを受け入れた時には大きな喜びに包まれます。このように宣教協力は大きな力を教会にもたらすのです。
 
四、霊的、知的に成長する教会
 教会の自立は霊的大事業です。教会の内外からの困難と立ち向かわなければなりませんが、その解決が聖書にあるのは本当に大きな慰めです。その聖書に基づいて教会の諸問題の解決、目標達成のために用いられているのが「伝道懇談会」です。
教師、信徒が「開拓と自立」のテーマで集まり学び、懇談、祈り、新しい力と知恵を主から頂き、教会へ還元します。このように教団は教会の成長のために様々な制度を設けていますのでぜひ、ご利用下さいますように。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団