Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 惜しみなく広げよ
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-03-17 15:15:14 (106 ヒット)

惜しみなく広げよ

部長 阿部 起士(自由ヶ丘めぐみ教会牧師)

「あなたの天幕の場所を広げ、あなたの住まいの幕を惜しみなく張り伸ばし、綱を長くし、鉄のくいを強固にせよ。」(イザヤ54章2節)

 『広げよ国内宣教』

 このイザヤ書のみことばにより、神に反逆し罪の中で弱くなり、子どもを産めない神の民、そして神に捨てられた神の民が、主イエスの到来によって、癒され生き返り、多くの子どもを産むことが予告されています。神の民は増え広がり、荒れ果てた町々に喜びの歌声と叫びをもたらします。それが主の予告です。主イエスの福音によって必ずそうなります。不信仰を捨てて、そう信じて私たちは喜んでいます。ハレルヤ!

 それゆえ、「あなたの住まいの幕を惜しみなく張り伸ばせ、綱を長くせよ、鉄のくいを強固にせよ」と、主のみことばは命じています。これを受けて進んでいるのが同盟教団の国内宣教です。

『たとえば九州』

 1980年当時、九州には新地キリスト教会(明戸義広師1978年開拓、2010年退団)以外、同盟教団の教会はありませんでした。その後、教団レベル開拓によって、小倉中央教会(岡山敦彦師1982年開拓)、福岡めぐみ教会(入江喜久雄師1995年開拓)、宮崎めぐみ聖書教会(池田憲生師、金桓基師2008年開拓)、光の森聖書教会(翕賣師2012年開拓)と4教会が誕生しました。他にも4教会が宣教師の開拓により誕生して、佐世保キリスト福音教会が今年加入予定で9教会となります。2018年4月には鹿児島開拓が始まる予定です。(教団レベル・九州宣教区の協力による)

 開拓から間もない宣教に奮闘している教会が多い九州であり、現住陪餐会員の合計は143名と他宣教区と比較して少ない中で、また鹿児島という教会開拓に着手します。しかし20年後、30年後はどうなっているか。50年後はどうでしょうか。これらの主の教会は主の祝福を受けて大いに強められ、主の民が右と左にふえ広がり、九州は喜びの地になっているのではないでしょうか。最初は小さい。けれども小さいからし種が大きな木になります。残る佐賀県の教会開拓も伝道部は祈りつつ進めたいと考えています。主が導いて下さるようにお祈りをお願いします。しかしそれでゴールではありません。教団、宣教区、教会レベルで「点から線へ、線から面へ」と主の教会は増えてゆくでしょう。

『都市宣教は必須』

 一方、日本は今後、人口が減少すると共に、いよいよ都市部に人口が集中してゆくと予測されています。都市宣教をどうしても進めてゆく必要があります。伝道部では昨年、東京と大阪で「都市宣教セミナー」を開催し、多くの方に参加いただきましたが、ぜひ都市で教会開拓を始めたいと願っています。

 同盟教団の信徒一万人に国内宣教のためにお祈りいただき、国内宣教献金を毎月500円以上献げることで、引き続きご協力をお願いします。 



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団