Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-11-06 17:09:11 (99 ヒット)

「教会の自立」に向けての提言研究 

「教会の自立は教団所属教会の大切な課題です。」

宣教研究所長 倉沢 正則(沼南キリスト教会牧師)

 東日本大震災(2011年)や熊本地震(2016年)を受けて、教団の宣教は「人の生の全領域を福音で満たす包括的な宣教」を行うとともに、教会を形成して自立し、さらに教会を生み出す働きに与ることを目指しています。教団の宣教協力には未自給の教会を支援する(教会支援費)ことがありますが、それは自立に向かう支援ということで、教会の自立は教団所属教会の大切な課題です。宣教研究所(以下、研究所)では、理事会からの要請を受けて「教会の自立」について2015年度から総合的な研究を重ねています。

 研究所では、この課題を二つの方面から研究しています。一つは、伝道と教会形成にあって教会を導く教師とその働きを再確認し、現状とその課題を踏まえて具体的な教師の研修への提言や教会の自立に向かう支援を考察することです。もう一つは、教会全体が自立に向かうためにどうあったら良いのかを考察することです。聖書的、神学的な課題研究や教団の教憲・教規に基づく研究であることはもちろんですが、より教団所属教会の現状を理解し、さらにはこれまでの教団としての取り組みを踏まえての具体的な示唆や提言となるよう励んでいるところです。

 自立に向けての教師の課題には、奮闘している教師を教団としてどのように励ますことができるのか、悩みを抱えている教師にどう寄り添い、教師としての意欲と情熱を燃え立たせるような支援ができるのかなど、これまでの教師の研修(補教師研修会や安息年研修等)の現状と課題を「教職教育部との懇談(2015年6月22日)」を通して理解し検討しました。さらに、毎年持たれている「伝道懇談会」の趣旨と実施内容などを評価して、今後の方向性などを検討しています。現在、教職教育部で教師の研修の改善が検討され実施されているところですが、さらに教会の自立という観点から、どのようなさらなる改善が研修に求められるのかを提言したいと考えています。自立に向かう教会全体の課題には、そもそも教団として「教会の自立」とは何を意味しているのかを明らかにすること、さらには、教団所属教会の実情を理解するために、毎年発行されている「教勢・財務報告」を手がかりに、2005年から今日までの分析を行い、礼拝出席数や受洗者数を伸ばしている所属教会を適宜選んでアンケート調査を行い、その特徴や特質を考察しています。また、教会支援費を受けている教会からある条件のもとで幾つかの教会を選んでアンケート調査を行い、分析評価をしています。前者のアンケートでは、牧師のイニシャティブが高いことや来会者への息の長いフォローの必要などが読み取れます。後者のアンケートでは、経済的なストレスや自分の資質や能力に対するストレスなど、ストレスを抱えている牧師の実態が伝わってきます。この二つのアンケート調査で、教師と教会全体の実情や実態をできる限り分析評価して、今後の宣教と教会形成への示唆となればと願っています。

 総合的な評価と提言がどの程度できるか、研究所の所員はそれぞれの分野での調査と考察を文書にし、研究所として議論を重ねてきました。研究所では、「教会の自立に向けての提言研究」を2018年3月までに、これまでの調査と考察を研究所としてまとめて理事会に答申したいと考えています。どうぞお祈りください。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-07-06 17:29:51 (326 ヒット)

東北宣教プロジェクト NEWS No.11

「声」を響かせ、 届けるために

東北宣教プロジェクト委員 山村 諭(茅ヶ崎同盟教会牧師)

 「わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。そして彼らはわたしについて来ます。」(ヨハネ10章27節)

 4月から東北宣教プロジェクト委員会に加わりました山村諭です。復興支援本部では主にボランティア派遣担当の働きをさせていただき、被災地にも何度か訪れておりました。総主事在任中には現地に赴くことは減りましたが、震災を機に策定された広域災害対策ガイドラインにより救急災害対策室の役割を担いました。これまでの経験を活かして委員として奉仕させていただきます。

 東北宣教プロジェクトは、東日本大震災の支援活動を継続発展させ、教会過疎地である岩手沿岸部への宣教を行うために始められました。これまでの教会開拓にはない新しい宣教形態を具体化させようとする先端的取り組みでもあります。2015年4月から齋藤満先生ご一家が遣わされ、被災地の人々に寄り添いながら多岐に渡る支援活動を継続してきました。宣教チームと共に、仮設や災害公営住宅を訪問し、健康体操「ふまねっと」の実施や子ども英会話教室の展開、りんご園のお手伝いから仮設住宅の改装工事のお手伝いまで、齋藤先生ご夫妻の賜物が豊かに活かされ、ここまで働きが導かれてきました。プロジェクトは3年目を迎え、いよいよ新たな段階を迎えつつあります。

 大船渡に移住しこの働きに協力してくださるご夫妻が与えられ、大船渡グレイス・ハウスでは家庭礼拝が開始されました。まだ教会の看板を掲げることはできない中ですが、教会としての活動開始が少しずつ視野に入ってきました。新しい宣教形態を具体化させる取り組みですので、きっと試行錯誤を重ねることにもなると思います。しかし着実に働きは前進しています。この先端的な試みの労苦を共に担ってくださる皆さまのお祈りとお支えをますます必要としています。

 主イエスは良い牧者としてご自分の羊の名を呼んで連れ出してくださいます。出口の見えない不安に取り囲まれた方々が、主の囲いに呼び出されることを求めて祈りたいと思います。主の羊はまことの牧者の声を聞き分けます。主の声が発せられ、聞かれる必要があります。被災者の方々が抱える痛みや不安の声に耳を傾けながら、「ことばと愛のわざ」によって人々の必要に仕えていくことは、良い牧者の声を届けるわざにつながるはずです。なかなか直接に御言葉を語ることができない状況はジレンマや葛藤を呼び起こすかもしれません。しかし福音に心が開かれている人々との出会いがきっとあるはずです。

 宣教チームとして現地に足を運ぶ教会や個人の存在が、羊飼いの声を響かせる存在として用いられるはずです。現地の方々の声を聞くことを通して、祈りがより具体的になるでしょう。また大船渡で共に礼拝を捧げることを通して、群れを起こすきっかけとなるかもしれません。祈りと贈り物と献金によって、主の声が届くように背後で仕えることもできます。まことの牧者の声を聞き分け応答する羊が起こされ、やがてここに「キリストにある群れが起こされ」ることを期待して、このプロジェクトに続けてご参与ください。 


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-07-06 17:25:04 (265 ヒット)

神の国の種と教会開拓、教会形成 

伝道部長 阿部 起士(自由ヶ丘めぐみ教会牧師)

 多量の粉にわずかなパン種を入れると、全体にゆきわたり、全体が大きくふくれますが、粉の中にパン種を見つけることはできないように、神の国も目には見えません。しかし本当に神の国は来ていて、あなたがたのただ中にあります。

 それはどのようにして、人の心の中に蒔かれるのでしょうか。みことばによります。イエス・キリストについてのみことばです。自己中心、神への不従順、そむき、不信仰、傲慢と罪人であるということなら、私は誰にも負けません。このような者を深くあわれみ、愛してくださって身代わりに死んでくださったイエス・キリストを信じて救われたのです。そしてこのような者を愛してくださったという思いがいよいよ強くなり、私は失敗ばかりしているのですが、それでも少しずつでも神様に信頼し、神のみこころを求め、神のご計画を信じて生きるようになり、平安、喜び、希望、いのち、力が心の中から出てくるようになりました。

 神の国の王は、父なる神であり、キリストであり、聖霊です。この神の国の王は「愛と恵みとあわれみ」で、赦し続け、愛し続け、恵み続けて、決して私たちを諦めず、育て、支配してくださるのです。信じたときから始まって、ずっと愛をもって、私たちを信じ続け、治めてくださるのです。私たちの心に神の国が来ているのです。どんな人でも、神様は与えてくださるのです。いえ、与えたくて、与えたくて仕方がないのです。死で終わらない人生を、永遠のいのちを、空しくない人生を与えたい、幸せにしたいのです。

 そして神の国を持っている私たちもまた、その与えられた愛と恵みとあわれみによって、家庭を治め、町を治め、国を治めるのです。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた」とあるように、私たちは神の国の種を蒔く人です。これこそ教会開拓、教会形成ではないでしょうか。

 他方、聖書の中ではパン種は罪を表しています。イエスさまはパリサイ人のパン種や、ヘロデのパン種に気をつけるように言われました。パリサイ人のパン種は、神の国のパン種ではなく、律法主義というパン種でした。教えを守れば神に受け入れられるというのは、福音ではありません。こう生きなさい、感謝しなさい、愛しなさいと、すべて良いことですが、神の国のパン種ではありません。またヘロデのパン種とは、神の国ではなく自分の王国を建てるという罪の本質のパン種でしょう。経済力、数の力、熱心、有能な人々によって国を建てようとすることかもしれません。頑張れ、頑張れと励まし、リーダーシップを発揮し、マネジメントをする。しかし会社を大きくすることと、神の国の種を蒔くことは同じではないのです。

 神は罪人を救うためにイエス・キリストを遣わし、十字架につけ三日目によみがえらせ、その名によって罪の赦しを得させる悔い改めが、すべての人に宣べ伝えられる。さあ、神の国の種を、世が知らない宝を勇気を出して蒔きましょう。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-26 20:32:33 (540 ヒット)


1. 参加希望の方は出席教会の牧師に申し出てください。
2. 必要事項を記入した後、牧師のサインをもらい碧南聖書教会までお送りください。
3.現地までの往復交通費をご負担ください。基本的に現地集合・解散です。
4.申込書は、教団事務所までメールで請求して下さい。
5.後日隊長から詳細についての連絡があります。

十勝めぐみ教会 8/24-27 
光の森聖書教会 9/7-10 
宮崎めぐみ聖書教会 9/14-17 
黒部キリスト教会・高岡福音キリスト教会 9/21-24
山形恵みキリスト教会 10/12-15


投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-08 16:38:22 (365 ヒット)

「いざ、鹿児島へ!」

伝道部 時松 六博(円山聖書教会牧師)

 今年の第68回教団総会にて、2018年4月より鹿児島県で「教団レベル・九州宣教区協力」の教会開拓開始が決定されました。これにより開拓伝道者公募が総会後より始まりました。

 九州宣教区は当初、宣教区レベル開拓伝道として鹿児島開拓の備えを2010年より進めてきましたが、この度、その準備と調査と経済的支援を「協力」という形で活かしつつ、教団レベル開拓として取り組むこととなりました。

 鹿児島市は福岡市、北九州市、熊本市に続く九州第四の都市で人口約60万人、教会数30弱です。県全体でも教会数約50と多くはありません。「収穫は多いが働き手が少ない。」(マタイ9章37節)との主の御声の響く市です。ぜひ、「収穫のために働き手」が起こされ、多くの収穫が得られるようにお祈りください!「いざ、鹿児島へ。」

     


« 1 (2) 3 4 5 ... 19 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団