Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 総主事就任 宣教の労苦と喜びを共有したい
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-05-08 16:28:01 (102 ヒット)

総主事就任 

宣教の労苦と喜びを共有したい

新総主事 宗田 信一

 このたび第68回教団総会において教団総主事に選ばれた宗田信一です。私は、岡山県倉敷市に生まれ育ち、他教団の教会で洗礼を受け、就職で移り住んだ広島市内の戸坂聖書教会に通い始めて転入会へ導かれて、同盟教団に属するようになりました。その後、広島で結婚へ導かれ、5年間働いた会社を辞めて東京基督神学校で3年間学び、同盟教団の教師に任じられました。そして、高崎福音キリスト教会において、人の欠けと弱さを覆ってくださる主の恵みによって、12年間みことばの務めに仕えることができました。若い牧師のために毎週祈ってくださった高崎福音キリスト教会の兄弟姉妹、研修会や教師会や学び会で研鑽の場を設けてくださった教師の方々、また神学校時代から私のために祈り、温かい励ましのことばを語り、助けてくださった先生方に囲まれて幸いでした。

 これまで高崎福音キリスト教会で仕えるとともに、教団の教憲教規機構改革委員会と東日本大震災復興支援本部( その後、東北宣教プロジェクト) でも微力ながら仕えさせていただきました。同盟教団で長年にわたり祈り求められてきた宣教の新しい革袋が整えられ、大規模な自然災害と原発事故に見舞われた時代の中で、地域教会がその真価を問われています。福音の光を拒む時代の闇は深まるばかりのように見えます。しかし、このような時代は、御国の到来に向けて宣教協力する私たちの教会、教団にとって働き甲斐のある時代と思います。キリストの血によって隔ての壁を打ち壊され、その肉によって敵意を廃棄され一つにされた有機的生命体として互いに熱心に愛し合い、宣教の労苦と喜びを共有できれば誠に幸いです。

 この者も、みことばの約束を信頼し、キリストのからだの部分として、神を愛するために仕えていきたく願っています。今後とも、教団総主事の務めのためにお祈りください。


印刷用ページ 

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団