Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 日韓連絡委員会 大韓イエス教長老会(高神)と宣教協約を締結
投稿者 : doumei 投稿日時: 2017-12-06 16:09:17 (29 ヒット)

日韓連絡委員会 大韓イエス教長老会(高神)と宣教協約を締結

委員長 山口陽一

 私たちの教団では、大韓イエス長老会(高神)の先生方が牧師として活躍されています。その草分けの朴永基師が仲介の労をとってくださり、このたび高神教団との宣教協約を締結することになりました。2017年8月1日㈫、高神教団の罐ョンホ総会長、具ザウ事務総長を教団事務所に迎え、朴永基師の通訳で廣瀬薫理事長、朝岡勝副理事長、畑中洋人常任書記、山口陽一理事、趙南洙師、宗田信一総主事が、挨拶と事前協議の時を持ちました。

 廣瀬理事長は、昨年の熊本地震以来、翕賣牧師への支援を深謝し、これまで同盟教団で教師となった韓国人は37組、そのうち高神教団からの宣教師は7組14人であることなどを紹介し、宣教協約への期待を語りました。

 罐ョンホ総会長は、高神教団の韓国長老ミッションが60か国に470人の宣教師を送り出していること、高神教団と海外教会との協力には3つの形態あり、今回のケースは「姉妹関係」(同じ神学)、「兄弟関係」(近似の神学)ではなく、「宣教協力の交流」関係を考えており、特に教職と青少年の交流を願っているとのことでした。羯佞箸靴討歪糠、同盟との宣教協力の願いを持っており、9月の高神教団総会で宣教協約を結びたいとの提案がありました。結論として、同盟と高神で包括的な宣教協約の案を用意し、9月20日の高神教団総会に同盟から畑中常任書記と入江理事が出席して宣教協約を結ぶことになりました。

 その後両教団にて協約書の作成作業を行い、9月の高神教団の総会で新しく選出された金サンソク総会長と廣瀬理事長の署名により宣教協約が正式に結ばれました。また総会の中では廣瀬理事長からの挨拶を畑中常任書記が代読し、これまでの感謝とともにこれからの宣教協力の期待をお伝えしました。現地では高神教団の国外宣教を担っているKPM ( コリアン・プレスビテリアン・ミッション) の関係者や神学大学の学長などと挨拶を交わす機会も与えられ、特に入江理事からは熊本の支援をしてくださった方々と直接お会いし感謝をお伝えできたことは幸いでした。高神教団とは、国内宣教はもちろんのこと、国外宣教、青少年宣教、教職・信徒交流、献身者育成など多方面での協力の可能性があります。今後は実務者間での話し合いが進むことが期待されていますのでお祈りください。


印刷用ページ 

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団