Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-10-10 16:27:00 (176 ヒット)

理事の声 主に喜ばれる教会を目指して

理事 辻浦 信生(東御キリスト教会牧師)

「そして、毎日心を一つにして宮に集まり、家々でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、民全体から好意を持たれていた。主は毎日、救われる人々を加えて一つにしてくださった。」使徒の働き 2章46、47節

 今年の3月に宣教研究所から「教会の自立に向けての提言」が出されました。2005年から2015年までの10年間で、礼拝出席者が著しく増加している教会を対象に行ったアンケート調査の結果を分析し、そこから見えてきた堅実な教会形成の要因がまとめられています。18教会にアンケートを依頼し、15教会からの回答を得て今回の提言の参考にしたとのことです。

 その提言の一つ、「自立かつ成長する教会形成のために、アンケートの分析から」の中で、「教師の長期牧会伝道の必要」が挙げられていることに注目したいと思います。アンケートに協力した15教会のうち、現在の教師の赴任期間が10年以上が4教会、15年以上が8教会という結果から、一人の教師が長期間にわたって同じ教会で伝道牧会にたずさわることの有効性が見えてきたのでしょう。一人の失われていた魂を救いに導き、信仰者として成長・成熟に導くためには、長い年月にわたる祈りと養育が必要だからです。

 その一方で、別の視点から見ると、教師の長期牧会の教会で成長が見られる理由が見い出されると思います。それは、一人の教師が長期にわたって伝道と牧会に励むことを支える良好な人間関係です。 教師と教会員との間に、信頼と尊敬、平和と喜びが保たれているならば、それは教会の雰囲気を良いものにし、教会員が家族や友人を教会に誘うことを励まし、また新来会者が定着することを助け、あるいは転居をして来たクリスチャンがその教会を選ぶ判断材料になることでしょう。その結果として、礼拝出席者が増え、受洗者が与えられるという面があるのだと思います。

 冒頭に掲げた使徒の働きのみことばには、聖霊の働きによって生み出された初代教会の麗しい交わりの様子が描かれていますが、そこには、一切のものを共有して共同生活を営んでいた神の家族の一致と愛の交わりがありました。そんな教会の歩みは、「民全体から好意を持たれ」、主は、「毎日、救われる人々を加えて」くださったのです。教会に多くの礼拝出席者が増し加えられていく一番の要因は、この教会の一致と愛の交わりにあり、またそれを支える平和と喜びが教会の中に保たれていることなのではないでしょうか。そのような教会を主は喜び、救われる魂を送ってくださるようにも思います。

 教師と教会員との間に、信頼と尊敬、一致と愛の交わりが保たれるために、教師自身が果たすべき役割は大きいと言えるでしょう。まずは一人の人間として信頼を得られるように人格を磨かなければなりません。また信仰者として良き模範を示す者でもなければなりませんし、みことばの教師また説教者として、常に研鑽と努力が求められています。しかし、どんなに頑張っても私たちの成すことはいつも不完全で不十分なものです。そこで求められるのは、そんな不完全な教師たちを忍耐と愛をもって支え励ましてくださる教会員の存在です。 主に立てられた器として教師を敬い、不完全さや弱さがあっても裁くのでなく、愛をもって受け入れ励ましてくださる教会員によって、教師は支えられ、愛のうちに教会が建てられていくのでしょう。人々の愛が冷えていくと言われる終わりの時代にあって、キリストの愛に根差す者として、教会に平和と愛の交わりを保ちつつ、主に喜ばれる教会を目指して参りましょう。


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-10-03 11:53:27 (505 ヒット)

★防災訓練用「災害緊急情報掲示板」はこちらから

★防災訓練用実施要項・報告書書式はこちらから(パスワードはいつもの「ダウンロード」と同じです。)

 

2018年度  防災訓練実施要綱  社会厚生部

実施日時: 2018年11月11日(日)正午
2018年の防災訓練のテーマ    「リアル訓練パート2 (教会独自訓練)」
 
*当日、 教会の礼拝時間やスケジュールに合わせて実施時間を変更しても構いません。
 
リアル訓練の目的
 教会の実情に合わせた災害設定と現実感を持って防災訓練をすることにより、 具体的な災害に備えた「自助」「共助」の在り方を認識し、防災に関する教会の意識を啓発する。
 
訓練の前の具体的内容
 
1)  訓練前
ゞ飢颪瓦箸頬漂匏盈担当者を選出する。
訓練内容の内容を確認する。
 
●訓練までの準備
1. 防災訓練担当者の号令、 教会建物の危険場所を確認する
*音源は独自で可、 シェイクアウトを使用の場合、 日本シェイクアウト提唱会議のホームページからダウンロード  http:/www.shakeout.jp/info/category/download 
 
2. 各教会の訓練当日の状況を具体的にイメージし、 シミュレーションする。
  被害状況の設定  今年は宣教区毎の災害設定をせず、教会毎に災害設定。
地震の震源地<            >  地震の規模<            >     津波の有無(あり   ・なし  )
原発被害の有無(あり    ・なし  )その他の設定事項
(追加確認事項)    *集中豪雨時の土砂崩れ、水害など教会の危険度(床下、床上浸水)
訓練シミュレーション
地震発生時、号令をかけ、身の安全を図る。
7盈内容の共有
(身の安全を図る3原則)  1、姿勢を低く・2、頭を守る・3、動かない。
訓練の内容を前の週めでに週報等で教会員に伝えておく。 教会の実情、 人数に応じて事前に号令の内容を決定。 必要に応じ防災用品の準備
ざ杁涅匈仮霾鷏納板」への書き込み確認*   同盟のHP「緊急災害情報掲示板」
 
 
 
 
 


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-09-30 09:19:52 (287 ヒット)

 2018928

日本同盟基督教団諸教会御中

社会局長 藤田 敦

大阪北部地震(6/18)被害状況・追加報告(最終)

台風第21号(9/4)および北海道胆振東部地震(9/6)被害状況・第三報(最終)

今夏の4つの自然災害に関する募金について

頌 主

1.被災報告とお見舞金

地震、豪雨、台風と自然災害を経て秋を迎えました。大阪北部地震(後日の被災判明分)、台風21号、北海道胆振東部地震について、教団からお見舞金をお送りしましたので下記のとおりお知らせします。なお、新たに報告のありました被災も加えてお知らせします。

2.募金について

今夏の4つの自然災害では、西日本豪雨において教団的な募金を呼びかけました。募金を基に、現地の諸教会により立ち上げられた支援団体への資金援助、教団からのボランティア派遣などをすることができました。ご協力ありがとうございました。

また、大阪北部地震、台風21号、北海道胆振東部地震については、これまで積み立てられてきた災害救援基金にてお見舞いなどの対応をしました。なお、教団事務所にはこれら災害に関し自発的にお送りくださった募金が届いております。すでにお送りいただきました募金につきましては、その趣旨を覚えつつ取り扱わせていただきますのでご了承ください。

在 主

【大阪北部地震】

生駒めぐみ教会 : ALCボードに亀裂。雨漏り···················· 〔後日判明〕

くずは聖書教会 : 外壁・内壁に亀裂。牧師館の床にひずみ······ 〔後日判明〕

【台風21号】

黒部キリスト教会: 教会台所の小屋根(約半分)が飛ぶ··········· 〔追加報告〕

松原聖書教会  : 幼児園看板が吹き飛ぶ···························· 〔追加報告〕

新札幌福音教会 : ガレージの屋根の約半分の剥がれ

茨木聖書教会  : 屋根の一部剥がれ

くずは聖書教会 : 折半屋根ケラバ部分トタン剥がれ、外壁に当たり損傷。雨漏り

高槻聖書教会  : 屋根材が落ち、袖看板が落下

大和郡山めぐみ教会: 外看板が吹き飛ぶ

【北海道胆振東部地震】

富川福音教会  : 駐車場からの階段が基礎からずれ、会堂本体も複数のひび割れあり

灯油の2階への送油装置異常(2階ストーブ使用不可)

以 上


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-09-14 13:22:09 (292 ヒット)

2018914

日本同盟基督教団諸教会御中

社会局長 藤田 敦

台風第21号(9/4)および北海道胆振東部地震(9/6)被害状況・第二報

頌 主

大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震と災害の立て続けに起きた夏が過ぎていきました。被災された人々を案じつつ、日本同盟基督教団諸教会・信徒に関する「台風21号」「北海道胆振東部地震」の被害状況・第二報をお知らせします。

なお、被害報告のあった教会を掲載しますが、それ以外でも停電や断水のあったことを覚えております。引き続き余震の内にある北海道地方を覚えお祈りいたします。

在 主

1.台風21号被害

【関西宣教区】

茨木聖書教会:屋根の一部剥がれ

近江聖書教会:運転中の信徒の車にトタン屋根がかぶさり損傷

くずは聖書教会:折半屋根ケラバ部分のトタン3枚の剥がれ、雨漏り。トタンの一枚が  外壁に当たり損傷

高槻聖書教会:屋根材が落ち、袖看板が落下。信徒の車に当たったが保険で対応の予定

蛍池聖書教会:信徒宅にてガレージの屋根が飛ぶ、マンション隣家との仕切り破損、エアコン室外機の転倒など

大和郡山めぐみ教会:外看板が吹き飛んだ

【北海道宣教区】

新札幌福音教会:ガレージの屋根の約半分の剥がれ

2.北海道胆振東部地震

【北海道宣教区】

苫小牧福音教会:食器の破損

富川福音教会:

会堂:駐車場との直接階段が基礎からずれ、会堂本体も複数のひび割れあり。ただし  会堂の使用は可、灯油の2階へのくみ上げ装置異常あり(2階のストーブは使用不可)、数十枚の皿及びコップ破損

牧師館:液晶テレビ破損、寝室照明外れ(壊れてはいません)。

信徒宅:食器破損は多数。窓ガラス破損4枚、照明破損1世帯、食器棚破損2世帯

登別中央福音教会:牧師館の食器のかなりが破損

室蘭キリスト教会:牧師宅の食器数枚の破損

以 上


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-09-06 17:51:09 (579 ヒット)

 

201896

日本同盟基督教団諸教会御中

 

台風第21号(/)及び北海道地震(/)被害状況・第一報

 

災害連絡室    

常任書記 畑中洋人

 

頌 主

 

 今週発生しました台風第21号および北海道地震につき、日本同盟基督教団諸教会の被災状況について、教団にて現段階で把握している情報をお伝えします。なお、最新の情報は教団ホームページの緊急災害情報掲示板に随時アップしていますのでご確認ください。

(緊急災害情報掲示板  http://www.domei.info/cgi-bin/bbs/thread.php?bbs_no=3

 

 

 

1.台風第21号被害

今のところ人的被害の報告はありません。大阪府と奈良県のいくつかの教会で、教会屋根の破損、教会看板の破損、また教会堂の雨漏りなどの被害があったという報告を受けています。現在、諸教会に被災状況を確認しておりますので更なる被害報告が出てくる可能性があります。

 

2.北海道地震被害

北海道宣教区の牧師家族の無事は確認できました。富川福音教会の本多民生先生ご家族は、余震への警戒から自動車で夜を明かされました。諸教会の教会員の安否については、電話また通信サービスのつながりにくい状況が続いているため全員の確認はまだとれていませんが、今のところ人的被害はでていません。会堂などの建物の被害状況については未確認ですが、家具が倒れたり食器が散乱したりなどの報告を受けています。現在も広域にわたる停電が続いており、今後も大きな余震への警戒が必要です。

 

以上、現時点で確認できている状況です。さらに詳しいことがわかりましたらご報告させていただきます。被災された方々、また不安な状況が続いている諸教会のために覚えてお祈りください。

 

在主


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-08-16 14:18:32 (303 ヒット)

《教団カレンダー》

◇8月11日㈯ 8・15平和祈祷会 会場:中野教会
 
《会 議》
◇理事会 9月3日㈪ 教団事務所
 
《研 修》
◇補教師研修会 9月3日㈪〜6日㈭  浜名湖バイブルキャンプ


投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-08-16 14:10:18 (364 ヒット)

理事の声 

嘆き、悲しみ、泣く道

理事 藤田 敦(北総大地キリスト教会牧師)

神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪人たち、手をきよめなさい。二心の者たち、心を清めなさい。嘆きなさい。悲しみなさい。泣きなさい。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高く上げてくださいます。ヤコブ4章8〜10節

 「教会と国家」の在り方を問われる8月。特に今年は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録された。禁教が解かれた後に建てられた犇飢餬〞の価値ではない。価値の中心が犇惷気斑動気紡僂抜いた信仰そのものにある〞とされた潜伏キリシタン関連遺産だ。

 「心より、踏めとは言うとらぬ。こげんものはただ形だけのことゆえ、足かけ申したとてお前らの信心には傷はつくまい」(遠藤周作『沈黙』)。心からではなく形だけと迫る役人を前に絵踏みを拒み、幕府からの壮絶な迫害を甘受した人々。クニが心に介入することを、デウスへの信仰から拒んだのだ。

 一つの手紙を紹介したい。修学旅行を抜けて主日礼拝に行く子について、教会員が記したものだ。

 「校長先生。先日、担任の先生に修学旅行最終日に娘が礼拝に行くことに関してお手紙を出しました。担任からはお電話をいただき、娘にもお話しくださったそうです。お電話でも違和感を覚えましたが、娘から話を聞いて腹立たしく感じています。

 まず、『礼拝に行くことを許可したのは校長先生の特別な配慮だから、あなたはラッキーです』と言われたそうです。しかしお手紙でも申しあげたとおり、日本国憲法第11条『国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない』、第20条『信教の自由は、何人に対してもこれを保証する』とあります。そもそも礼拝に行く行為は個人の持つ権利であって、先生に許可を求めるものではないと考えます。ですから、『行きます』という意志をお伝えし、『配慮を求めます』としました。許可があっても無くても行くという問題であると考えます。…なお、『何かあった場合に責任が取れない』と言われましたが、礼拝の時間に関しては学校側に責任を求める問題ではありません。」

 世との接点として憲法で論じてはいるが、信仰に立つ要点は「許可があっても無くても行くという問題であると考えます」だろう。

 説教で私は常々こう語ってきた。「同化を和とする文化の下では唯一神への信仰が尊重されず、自分の信仰を主張することはわがままとされてきた。キリスト者の間でさえ、『そこまでやらなくても』との声が響くことがある。それでも爽やかに主を礼拝して生きるためには、嘆き悲しむ道を選ぶ覚悟が必要だ」と。

 教団は昨年『今日の政治状況に対する私たちの声明』を出した。「立憲民主主義を尊重する」「かつて…偶像礼拝の罪を犯し…侵略戦争に加担した罪を告白する」「それゆえに平和主義と基本的人権を尊重する」とある。これらを絵空事とせず実際に取り組むならば、たとえば手紙のような闘いが起こるのではないだろうか。

 「二心」でない学校生活を求めて息子が問うたことがある。「どうしてこんな苦しい思いをしなくてはならないの?」こう答えた。「ごめんな。大人の責任だよな。お父さんが信仰を持ってからでも30年。もしお父さんを含めキリスト者が本気になってこの問題に向かっていれば、こんな風ではなかったと思う。でも残念だけど、闘う人は少ないんだよ。」

 高札撤去後の黙認、三教合同、皇民化、敗戦…そして今へ。人目を気にして衝突を避け、信仰は自由だと勘違いしていたのではないだろうか。キリシタンが神への一つ心に立ち続けたように、神の民として「笑いを悲しみに、喜びを憂いに変え、主の御前でへりくだる」。それを選ぶ信仰を育みたい。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 43 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団